今ひとつだけ買うなら何を買う?各有名ブランド商品を徹底比較

シャネルにはさまざまなラインというものが存在しており、それぞれ魅力的な特徴があります。

シャネルのライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャネルは数あるブランドのなかでもとくに有名なものの一つになっていますが、その歴史は1910年にまでさかのぼります。
ガブリエル・シャネルがパリにあるカンボン通りに帽子店をひらいたわけですが、当時では喪服としてしか使われていなかった黒を大胆にあしらったデザインが当時の話題になり、あっという間にトップブランドへとのぼりつめていきました。
このシャネルというのは、時代に応じてさまざまなラインというものが発表され、様々な方に合うようにデザインされてきました。
まず注目できるのが、パリ1号店があったカンボンにちなんでつけられたカンボンラインといわれる代表的なラインになります。
このラインの特徴となっているのが大きなCCマークで、一目でシャネルとわかる特徴的なデザインになっています。
さらに紹介できるのはニュートラベルラインといわれるものです。
どのような服にも合わせやすく軽量なデザインになっており、トートバックやハンドバック、ポーチなどでこのラインが人気になっています。
大人らしさとかわいらしさが共存したデザインになっていますので、どのような年齢の方でもマッチングすると評価されています。
さらに挙げられるのがクルーズラインといわれるものですが、これは欧米のセレブたちが冬に南国でバカンスを楽しむために生まれたラインだといわれています。
バカンスを楽しむときに身につけるものだけあって、非常にコーディネートしやすいとあって日本では学生やOLなどにも人気があるラインになっています。
さらに紹介できるのがスポーツラインになります。
ほかのブランドでもスポーツラインというのがありますが、シャネルの場合にはとくにサイズやデザインが豊富なことでも知られています。
ほかにはダイヤ形の格子状に縫われたキルティングが特徴的なマトラッセラインもあります。
1929年から誕生したといわれるこのデザインですが、そのデザイン性の高さと素材の堅牢性によって多くのファンを獲得しているラインでもあります。
ほかには高級ラムスキンにスポーティーな白いストライプが特徴的なマドモアゼルライン、ココマーク、フレグランスの瓶、ハート、クローバー、星、カメリア、NO.5が型押しされたアイコンシリーズなどもユニークなデザインで人気があります。
ほかには細かな粒状の起伏が施されているキャビアスキン、太い糸を縫い込んでワイルドな仕上がりになっているワイルドステッチ、ココマークがかわいらしくあしらわれているココボタンなども人気の高いシャネルのラインになっています。

Copyright (C)2016今ひとつだけ買うなら何を買う?各有名ブランド商品を徹底比較.All rights reserved.